MENU
BARREL
Auther
2019年にブログを始めました。趣味はゲームが5割、読書やらアニメ鑑賞やらが3割、残りはその都度新しい何かをやってます。

SSに乗る時のNGファッション!命取りになる服装

URLをコピーする
URLをコピーしました!

バイクを乗るときに気をつけたい服装、と聞くとどんなイメージを想像しますか?

安全を考慮するなら、体を守るためにはプロテクター入りのジャケットやパンツは必要でしょう。
SSだけといわず、バイク全般ですよね。

コレに加えて、SSに乗る時に注意しなければならない要素がもう一つあります。ずばり

オールシーズン:肌がむき出しになる装備
秋冬:フード付きアウター

です。

バイクは防御性能が低い

万が一事故にでもあってしまうと、バイクはもちろんライダーへも負担がかかります。転倒時に身を守ってくれるのは@防具」です。布一枚でもあるのとないのでは全然違います。道路上の細かい砂や石などが直接肌に当たらないようにするのも、安全に対する意識です。

暑いですし、面倒ですけど、メッシュジャケットやメッシュブーツなどの涼しい防具を身に着けて少しでも防御性能を向上させましょう。

半袖半パンは危険です。薄くてもいいので長袖で長ズボンは必須です。日焼け対策にもなります。

秋冬用のジャケットはフードがあると前が見辛くなる

フード付きプロテクター入りバイクウェア

フードを装備した状態のバイクウェアを着て正面を見ているだけなのですが…

BARREL

これより上に首を上げられない状態です。ヘルメットとフードの干渉により、一定の角度より上を見られない状態に・・・。

写真では膝に手をついているであまり問題ありませんが、バイクの場合は両手が前に出るのでかなり前傾姿勢になります。

特に”SS”では超前傾姿勢なので疲れてくると上が向けなくなったり、首を痛める危険性も否定できません。
なので、僕はフードを着脱できるタイプのものを購入するようにしています。

KOMINE製の冬用ナイロンジャケット

長年SSに乗り続けている僕がここまで危険視するほど、フード付きジャケットは危険なのです。
ネイキッドスタイルなどでは特に問題ありませんが、前傾姿勢がきついバイクでは命取りになります。

フードが着脱可能なものを購入しましょう。

フードがあるだけでおしゃれに見えるし、首元が暖かくて好きなんですが…

半袖等だけでなく、SSに乗るときはフードにも気をつけましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする