FF14

【Patch5.25】機工士は意思力>スキルスピードという現実

2020年4月19日

機工士のサブステータスについて掘り下げていきます。
サブステータスの中でも割と補助的なポジションにある「意思力」と「スキルスピード」について。

クリティカルダイレクトヒットは言わずもがな、伸ばせるだけ伸ばすものなので特別語ったりはしません。

 

この記事を通じて「機工士ってスキルスピード上げたほうがいいの?」という疑問にお答えできればと思います。
サブステータスの選択はプレイヤーによっては色が出るものですが、それ故に何を選択していいのか分からないといった方の参考になれば嬉しいてす。


5.Xの機工士はスキルスピード不要説

いきなり結論から入りますと、スキルスピードはぶっちゃけ不要です。

ただし前提があります。

クリティカル、ダイレクトヒットがあってスキルスピードがついていない装備を選択する

というものです。Patch5.25現在、最終装備にはSS+0を満たせる装備があるため実現可能です。
マテリア補強だけにとどまらず、装備から全てSSを排除し意思力に特化させればより強い恩恵を得られます。中途半端が最も微妙な結果になります。

 

なぜ不要なのか?という点について。

機工士のスキル回しにはヒート50を消費して8秒の間だけ使用可能になる「ヒートブラスト」がありますよね。ヒートブラスト使用時はスキルスピードに関わらずGCDが1.50秒固定になる特性を持ち合わせています。

たとえGCDが2.50秒でも、2.40秒でも、一律1.50秒のGCDになるのです。

 

もしもヒートブラストにSSが乗るのであればSS一強になるレベルで強いのですが、全く影響しないので実質5つのWSにしか効果がないんですね。(通常コンボ3つとドリル、エアアンカーのみ)

【Patch5.25】機工士のスキル回し(前回の記事)でも触れたように、機工士はヒートブラストが主力スキルです。ヒートブラストをブン回している間は無条件でGCD1.50秒に固定されることから、スキルスピードによるGCD短縮を目指すよりも意思力でのベースダメージ上昇のほうが恩恵が大きいことがわかりました。

スキルスピードと意思力の効果

スキルスピードは+101〜+102ごとにGCDを0.01秒ずつ短縮していきます。エクスマテリジャ1個+メガマテリジャ2個積めば0.01秒早くなります。

レイドでの機工士にはあまり関係がない話ですけど、DoTダメージも増加します。オートアタックも一応上昇するようですが、意思力でも上がるのであまり考慮していません。

 

100ちょい積んで0.01の上昇に対して意思力は25〜26で0.1%の与ダメ上昇効果をもちます。

以前書いたサブステータスについての記事(別タブで開きます)あたり参考にしてみてください。

 

意思力はエクスマテリジャ1個で0.2%上昇させます。2個で0.5%上昇します。

 

このあと登場する比較検証動画では意思力約900と1600での検証を行っています。

意思力900だと2.24%、意思力1600なら5.04%の与ダメ上昇です。

 

10000与えられるスキルがあったとして、前者ならダメージ値は10224。後者は10504です。

ダメージ計算式の乱数などで左右されますが、ベースダメージがおおよそ3%違うため短時間で出せるDPS量は意思力有利だと言えます。

 

「短時間でDPSが出せる」のが、FF14では重要なんです。

スキルスピードについてもう少し

スキルスピードにはオートアタックとDoTダメージの増加とGCD短縮、の2つ(3つ)の役割があります。ただし、機工士が持つDoTダメージはバイオブラスターのみなので実質ゼロです。

機工士にとってスキルスピードはAAとGCDを調整するための使い方になりますね。(まぁ、どのジョブでもDoT威力上昇目当てでスキルスピードを積むのはマイナーかもしれませんけど…)

▲スキルスピードの説明(公式サイトより)

とはいえ、うまく使えばボスが飛ぶギリギリでもう1手入るような最適化されたGCDで攻略したり少しは遊び幅があります。

 

スキルスピードは0.01秒単位での短縮ですが、0.01秒短くするためには数値上101~102の増加が必要になっています。AA、DoTダメージ増加とGCD短縮の役割を兼ねるため結構重めな設定になっているのではないかと思っています。

 

もちろん、手数が多い分機工士においてはヒートゲージとバッテリーが溜まりやすくなります。しかしDPSチェックを超えられない場合や結果的にDPSが足りなかった場合にはスピードよりもベースダメージに軍配があがるのではないでしょうか。

意思力とスキルスピードの比較検証

結局のところ机上であれこれ考えても妄想でしかないので動画を撮って検証してみました。

装備構成は奇譚が少し足りず+148だけスキルスピードが混じったものになっていますが、今できる限界まで削りました。

比較するステータス

▲意思力振り

▲どちらかというとSS寄り(意思排除)

動画

通常WSで1手分の差が出始めたのは画面内タイマーで1分51秒程度、なのでゲーム時間でいうと1分41秒継続して攻撃できた場合に発生します。

しかしよく見てほしい所がもうひとつ…木人のHP残量です。

 

この木人殴りでは薬も飯も使っていません。機工士には自己バフすら存在しないのでクリダイ運ゲーによるダメージ差かと思いきや、開始十数秒ですでに1%差が生まれているんです。

2分、3分と経過していっても変わらず1%のリードを常に保っています。(動画の最後ではバッテリーの関係上巻き返しますが)

 

FF14内におけるDPSチェックは「意思力」で突破できる と言えるのではないですか?

まぁ、スキルスピードと意思力を天秤にかけた場合の話ですけどね。

 

まとめ

「機工士が意思力とスキルスピードを選ぶなら間違いなく意思力」と結論付けました。

オヴィムミートボール(OMB)やキャベツ巻、どちらも結局のところ意思力を増加させますし。割と身近なところに答えあったな…と感じてちょっとため息が出ましたね。(

もしも機工士をメインジョブにしている方で、スキルスピードか意思力かで迷っているならば意思力推しでいきましょう、と伝えたいです。

 

例え1手、2手早くなったとしても削りが遅ければ駄目なんですよね。

 

ウワァーーー!残り0.1%でワイプしたあああ!!

 

なんてケース、よくあると思うのですが…SSではなく意思力に振ってたらクリアできたんじゃないか?って、今更になって思ったりもしています。短時間のDPSチェックは共鳴編で4層にしかなかったものの、レイドではコンテンツ全体がDPSチェックです。少しでも削りが早くないといけないコンテンツでは意思力増強のほうが良いでしょう。

 

コンテンツ全体を通して召喚するオートマトンの回数は実のところさほど影響を受けません。少し召喚タイミングが早い/遅いぐらいの差です。早すぎるとバッテリーが溢れてシナジーに合わなくなりますし、案外いいことは少ないんだなと検証を通じて理解しました。

 

ご視聴(?)ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

BARREL

FF14新生エオルゼア(β)~蒼天時代の起動編までレイドに参加。律動~紅蓮期間は休止していましたが、漆黒より復帰。FF14とたまにMHW、バイクとカメラづくしな日常を送っています。当ブログへのPR等ご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

-FF14
-

Copyright© BCゲームガレージ , 2020 All Rights Reserved.