FF14

絶アレキサンダー リビングリキッドの覚書 竜騎士視点

投稿日:

絶アレキサンダー討滅戦 リビングリキッドフェーズ 竜さんの覚書
再び、絶望──

 

遡ること4年、当時はラーヴァナ武器を担いで挑んだアレキサンダー零式3層。
当時、ほぼ週7の活動を1ヶ月間まるまる続けてようやく突破した記憶が蘇ります。

 

ヤツがLv80になって帰ってきました!そう!

リビングリキッドfeat.リキッドハンド…!!

 

にっくきペ○シマン。1ヶ月間毎日3時間ほどあのコラーゲンたっぷり(?)なもちプリ尻を見てきましたからね…

ペプシマンリターンズはやっぱり慣れないと難しい。
さすが絶というだけあって1ミス即ワイプのコンテンツです。

とはいえ、慣れれば案外そうでもなく。
(もちろん最後までいけるとは言っていない)

 

まだこのリビングリキッドを超えていない方向けに”ほどよく楽しい難しさ”なリビングリキッドフェーズの攻略を書いておきます。
PT構成や主となる戦略が異なる場合もありますので、参考程度にしてください。

 

この記事の概要と注意点

  • ・竜さんによるリビングリキッド攻略の一例を紹介
  • ・リビングリキッドフェーズを超えたい人向けの記事(竜騎士視点)
  • !処理方法はPTによるので一部参考にならない箇所もある
  • !竜さんのスキル回しは最適解ではない

と、いった具合に色々注意点があります。

プロ竜さんからするとツッコミどころがあるかもしれないプレイですがまぁそもそもプロはこの記事見てないからいいよね、ってことにします。

開始

手が出たらドラゴンダイブ

即フルバフ開幕の回し、ドラゴンダイブを温存してハンドが出てからいっちゃいましょう。少しでも多く削るコツ。
サージフルスラを入れ、竜牙竜爪を打つ手前でハンドが湧くのでフルすら後ワンテンポおいてからダイブ

 

ここでトゥルーノースを使いたくないので位置取りをよく確認する。
ハンドが湧いてから移動するまでは向きが変わらないのでその間に背面の方向指定を取っておきます。

ヤークトが湧く1秒前 ギリギリまでAAを入れる

ココがおすすめ

このあとすぐヤークトなので張り付き殴りすぎないように。
殴っても1GCD分ぐらい多めにパンチする程度で良いかなと思います

ヤークト処理

ヤークトが出てちょい経つとジャンプが上がるので、ジャンプとミラージュをヤークトに打ち込む
ゲイルはヤークト事故に繋がりやすいので打つなら早めに。

レンジ持ちのヤークトに当てて削り補助も可能(PTで相談)

ハンドの正面で使ったトゥルーノースは竜爪まで持つので爆雷を複数受けない所で処理
竜爪、劉備、雷電、ボーパル、ミラージュ、ジャンプ、でだいたい20%前後
クリダイにもよるので危なかったらトゥルーで再調整

バレル
残り25%ぐらいでフルスラストはかなり微妙なライン。

 

AAとフルイドスイングを軽減する「牽制」

食わせて1GCDまわしたらリビング側に「牽制」を入れる。(気持ち早め)
ヤークトを全部食わせたらゲイルを打って頑張って削る.このときのタゲはハンド。

 

牽制とDOTを入れたらしばらくはハンドを殴る。

 

プロティアンウェイブ誘導

プロティアン誘導ギリギリまで攻撃したい竜さんの「ジャンプ」芸

※タンク以外は南に集合して誘導する方式でやっています

竜さんは南にAoEを捨て、3回目のプロティアンを南で受けてます。

このAoE誘導はそんなに奥まで下がってませんが、近すぎると色々危ないのでタイミングをよく見ておきます

 

プロティアン後はドレナージに巻き込まれないように注意。

ドレナージを避ける竜さん

スプラッシュ3回目あたりでやや外周寄りへ行き安定を取る。(ドレナージ巻き込まれ1敗)

ココがポイント

ハンドをターゲットしていても、案外AAもスキルも届くので気持ち遠めでもオッケー。(画像ではAAもバッチリ届いてます)

カスケード2回目(水場再配置)

窒息前にランスチャージが上がってくるのでバンバン使っちゃいましょう

窒息後のプロティアンウェイブ誘導を近接が誘導する。ので1回目のプロティアン後は定位置へ。
予兆がでたら1.5GCDぐらい殴った後、誘導ポイントへ。
(早すぎると殴れないし、遅すぎると誘導失敗でダメ)

素早く戻るために奥へ行きすぎないのがポイント。

戻ったら竜さんはリビング本体を殴り続けてます。HP調整は遠隔任せです。

(初手牽制を入れていた場合は回復しているのでここで牽制を使っておく。ヤークト後牽制の場合はまだ上がっていない)

焦って前に出ないよう注意しつつ、ドラゴンサイトも使ってバリバリ削る。

 

次のフェーズへ

おめでとう。サイコロフェーズ突入です。

 

このあとはまた後日、竜さんの覚書シリーズを掲載するかもしれません。(そもそも超えられるのか問題がある)

  • この記事を書いた人

BARREL

ゲームとパソコンとバイクが趣味な、PCゲーム歴15年のヘビーゲーマーです。好きなゲームはアクション系、Co-oP系。FinalFantasy14やMonsterHunterWorldなど、オンラインゲームが結構好きです。最近ではゲーム攻略の他にゲーミングデバイスなどのハードウェア系・ガジェット系をレビューしながら、よりよい環境を求めて奔走中です。企業様のPRも積極的に行いたいと思っています。ご依頼はお問い合わせフォームよりお願い申し上げます。

-FF14
-,

Copyright© BCゲームガレージ , 2019 All Rights Reserved.