FF14

【FF14】極ティターニア討滅戦攻略 ギミック解説【画像超盛】

投稿日:2019年7月6日 更新日:

バレル
ハローこんにちは!バレルです。

ナイトもようやくLv80になりまして、ついに極コンテンツをクリアできたので攻略記事を書いていきます。

悩み人
マクロを調べたり動画にて予習をしていても、なかなかうまく攻略できない…
こんな経験、していませんか?

動画を出しているプレイヤーは基本的に先駆けプレイヤーなので、皆さんとても上手です。
ただ、上手すぎて参考にならない…?wみたいな所も感じるかもしれません。
固定PTではなく、CFや募集で行くと勝手が違ったもします。

 

そこで、今回はほぼすべてのギミックを画像付き、手書きポイント付きで案内していきます。!

 

ちょくちょくタンク視点も交えながら、全体の流れやポイントを超画像山盛りでお送りします。
(ナイト視点)

それと、Lv80ナイトに関する記事も書いていますので、STナイトで行こうと思っているよ!という方は合わせてどうぞ。

 

紅蓮編の蛮神は全く攻略していないので蒼天編までの比較になりますが、極ティターニアの難易度はどちらかというと優しめな感じです。
DPSチェックフェーズはもちろんありますが、ひとつひとつ丁寧にこなしていけば難なくクリアできるレベル。

壊滅ポイントがややこしいだけです。
安心してください。超画像山盛り特盛りで解説していきます。

 

先にタイムラインを紹介し、そのあと超ギミック解説に移ります。見出し後にジャンプできる目次をつけておきますので、こちら利用すると好きなところから見られます。

 

タイムラインはだいたい把握したよ!という方は、ギミック超解説の項目までジャンプしてみてください。

前半フェーズは雑魚沸きまで、と区切って解説していきます。
まずはタイムラインの把握から。

 

バレル
ちなみに、解説はRedditの記事を参考にしました。

 

使用するマクロ(エレメンタルサーバー民CF用 (編集中)

/p - 水のルーン【Mist Rune】 -
/p H1----H2
/p | MT |
/p D1☆D2
/p | ST |
/p D3----D4
/p
/p - 火のルーン【Frame Rune】 -
/p【西】□ BOSS ○【EAST】
/p □MT/H1/D1/D2
/p ○ST/H2/D3/D4
/p 後半、根が東西の時は時計周り
/p Roots[west/east]→
/p Rotate clockwise after "Being Mortal"(last phase)

/p - ブランブルチェーン【Chains of Brambles】 -
/p ボス足元集合、北南に散開
/p Gathering in the target circle and then spread
/p TANK/HE → 【北】側 Side
/p DPS → 【南】側 Side
/p -ビリビリ雷 【Lightning bolt】 -
/p ST→H1→H2→D1→D3→D4 (D2は免除 Exemption)
/p
/p - 雑魚フェーズ【Adds Phase】 -
/p 【東】Mustardseed→【北】Puck→【西】Peaseblossom

極ティターニア討滅戦ギミック 前半~雑魚フェーズまで

前半フェーズ ギミックの流れとやや詳しい備考

ここをクリックで展開します
順番 ギミック名 備考
1 ブライトサバト 全体範囲ダメージ
タンク以外は4万程度くらう
2 幻のルーン 外周が安地
詠唱中は青い光を纏う
(前半フェーズはパターン固定)
3 水のルーン フィールド四隅と中央に4つずつ、
水の足場が出るのでカウントが終わる前に乗る
乗れなかった場合は雑魚が湧く
4 火のルーン ヒーラーふたりに頭割りマークがつく
4人ずつかたまり、
水のルーンで出た足場の上で頭割りを受ける。
5 魔のルーン そこそこ痛い前方範囲攻撃
範囲がめちゃくちゃデカイのでうっかりミスは許されない。
ノーバフで60000以上くらう(?)。
STナイトはバフ乗せインターベンションの使い所。
火のルーンが着弾する前にランパート、詠唱7割でインターベンション
6 ブランブルチェーン タンクとDPS、ヒーラーとDPSが線で結ばれる。
タンクヒラは北側、DPSは南に向かって移動する
移動距離が一定を満たせば切れるので、
チェーン発生時はティターニアの足元で待機。
7 幻のルーン 足元が安地。
詠唱中に緑色の風を纏う
(ターゲットサークルよりちょい広い範囲)
(前半フェーズはパターン固定)
8 ミッドサマー・ナイトドリーム これより先は外周の壁がなくなり
落下すりょうになる
9 ビリビリ雷
(ライトニングボルトとも言う)
線がついた対象に雷の小範囲攻撃。
受けると雷耐性ダウンのデバフがつくので
予め決めた順番で線を受け渡して処理
耐性ダウンがついている状態でもう一度受けると死ぬ
10 妖精光 ヘイト1位にむかって、一番近い人とダメージシェア
STがMTと同じ位置に立って受けるか、無敵技で凌ぐ。
また、1発目の着弾がかなり遅い。
詠唱が終わってから2~3秒後に着弾し、
その後2回着弾する。
(バフはギリギリで炊く。)
11 根のルーン 四隅のうち2つに、6方向に伸びるダメージ床が発生
根が湧くのは対角線上に2箇所なので安地を確認しておく
12 ブランブルチェーン 根が伸び始めると同時に線で結ばれるので
少し前にやった方法と似たような感じで処理。
タンクヒラは根のない北側、DPSは根のない南側へダッシュ。
13 魔のルーン 根が終わった後にくるので向きに注意。
14 氷のルーン シヴァのと同じギミック。
はじめは中央に範囲が表示され、
2個目の範囲はランダム位置からスタートする。
時計まわりか反時計まわりかもランダム?
魔のルーンが終わった後、ティターニアごと真ん中へ誘導すると避けやすい
15 隆起 氷を避けたらすぐに8人全員に小範囲ダメージがくる。
重ならないようにうまく調整。
1つぐらいなら重なっても死なない(?)
タンクで1発1万ちょい程くらう
16 幻のルーン 足元が安地。
(前半はパターン固定)

 

極ティターニア討滅戦ギミック 雑魚フェーズ(DPSチェック)

雑魚沸き3体出現(雑魚フェーズ1)

ここをクリックで展開します

雑魚が3体わきます。
西にランダムターゲットで攻撃してくる「マスタードシード」
北に打耐性ダウンを付与、頭割りマーカーを飛ばしてくる「パック」
東にマーカー対象に範囲ダメージ付与と、そこそこ痛い技を出してくる「ピーズブロッサム」

 

倒す順番は

東のマスタードシード(トレント型のやつ)

北のパック(腕がながいなんとか型のやつ)

西のピーズブロッサム(右手に木の棒をもってるやつ)

 

MTは北のパックを、STは西のピーズブロッサムを持つのが主流のようです。

また、3体倒すと大きく成長して復活します。
小さい3体を落としきったときにティターニアの魔力が45を越えていた場合、DPSはギリギリラインです。
40ぐらいでもやや遅め。
その後誰も死ななければクリアできます。

ココがポイント

ここで魔力が30、31程度ならDPSは十分。
落ち着いてギミックを避けましょう

雑魚フェーズ1のタイムライン

ここをクリックで展開します
順番 ギミック名 備考
1 リーフストーム
(1番めに発生)
マスタードシードが使用。
直線状の範囲が扇形に3本配置される。
上風
(2番めに発生)
パックが使用。
直線1本の範囲攻撃
ピーズボム
(3番めに発生)
ピーズブロッサムが使用。
隆起と同じ小範囲のダメージ。
対象者にはマーカーがつく
2 リーフストーム -
3 殴打 パックが使用。
打耐性ダウンがつくのでここでは強いバフを温存する
4 ハードスワイプ ピーズブロッサムが使用。
耐性ダウンはないものの痛い。
ピーズボム着弾後、おおよそ10秒後にくるのでバフのリキャストを確認。
ノーバフで60000ぐらいくらう。
この辺りでマスタードシードを倒しておきたい
5 殴打 耐性ダウンがついているので痛い。
リプライザルがあると良い
6 ピーズボム -
7 ハードスワイプ できれば受けたくないので頑張って削る
ランパ、シェルトロン、リプライザルで20000まで軽減可能
8 ラブ・イン・アイドルネス フェーズ移行技
ここでHPを戻したり、バリア付与。
フィールドマーカーなどで方角を確認。(めちゃくちゃ重要)

2回目のハードスワイプが終わったぐらいでティターニアの魔力が37あるので、この場合DPSは結構カツカツ気味です。

ココがおすすめ

早いPTだと魔力30ぐらいで次の雑魚フェーズ2に移行できます。

雑魚沸きでっかい3体出現(雑魚フェーズ2)

ここをクリックで展開します

ラブ・イン・アイドルネス詠唱後、さっき倒した3体が成長します。
外見だけではなくギミックの範囲もでっかくなるので、ここが一番の壊滅ポイント。

倒す順番は同じ。
マスタードシード→パック→ピーズブロッサム

ターゲットを持つ対象も同じです。

雑魚フェーズ2のタイムライン

ここをクリックで展開します
順番 ギミック名 備考
1 リーフストーム めっっっちゃデカイので注意。
中央付近を空けておきたいので
タンク陣はなるべく北西によっておく。
ピーズボム ピーズボムも大きくなっているのでうまく散開する。
リーフストームにも注意
2 パック・ブレス 指定対象に頭割りマーカー。
MTも入る。
3 ウィスパリング・ウィンド この後、超壊滅ポイントとなる。
ブランブルチェーンの予兆が発生
マスタードシードの残りHPに関わらず、詠唱が発生。
チェーンが付与されるちょっと前、フィールドに蔓が発生する。
4 パック・レビューク 中央に円形のダメージ範囲。
円形を中心とし、吹き飛ばされる。
また、中央の範囲予兆内にいると即死。
この吹き飛ばしを使用してチェーンを切るが、
蔓がないほうに飛ばされないと色々マズイ。
(慣れないうちはこれが一番の難所!!!)
5 リーフストーム 吹き飛ばし後すぐに予兆が表示されるが、
詠唱完了までは時間があるので落ち着いて回避する
6 ピーズボム 2人を対象にやや広めの範囲。
対象者にはマーカーがつく
パック・ブレス 対象者に頭割りダメージ。
ピーズボムがついていない残りのメンバーで頭割りを受ける
8 パック・カプリース パックが死ぬときに発動?
全体範囲。
タンクで20000ほどくらう
9 死すべき定め ティターニアの履行技
HPを戻してから受ける。
後半フェーズへ。

 

極ティターニア討滅戦ギミック 後半フェーズ

ここまでくれば基本的には勝ちです。
後半フェーズでは、前半に出てきたギミックが重なって出てくるだけ。

バレル
もろたで工藤!!

後半フェーズ ギミックの流れとやや詳しい備考

ここをクリックで展開します
順番 ギミック名 備考
1 水のルーン それぞれ指定位置を意識しておく。
幻のルーン 水のルーンのカウントが始まるが、幻のルーンのほうが先に発生。
幻のルーンは足元安地か外周安地か、見分けが必要になる。
幻のルーンを処理したら水のルーン処理の定位置へ。
幻のルーンの詠唱完了から最大7秒ぐらいの猶予がある
2 火のルーン 水のルーンで展開した足場の上で受ける。(前半同様4人ずつ分かれる)
根の位置によっては時計回りに90度動く。
根のルーン 根は0時6時と3時9時のどちらかが発生する。
根が0時6時なら東西の水場で火のルーンを処理し、
根が3時9時なら南北の水場で火のルーンを処理する。
(いわゆる時計回り処理。)
安地に入ったら、ここで近接LBを打つ。
3 幻のルーン 足元安地or外周安地
ティターニアが纏うオーラの色で判別
緑→外周安地、青→足元安地
4 ブライトサバト -
5 妖精光 タンク二人でダメージシェアを忘れずに。
無敵技でもOK
6 氷のルーン -
7 隆起 -
8 ブライトサバト -
9 ビリビリ雷 前半と同じ順番で処理。
10 根のルーン -
11 ブランブルチェーン 前半と同じ。
12 幻のルーン 足元安地or外周安地
13 幻のルーン
14 ブライトサバト -
15 魔のルーン 向き注意。
16 ブライトサバト
(時間切れ)
詠唱がいつもより長い。
これで完全に時間切れとなる。

以上、タイムラインの把握フェーズでした。
時間切れはありまぁす。!

後半フェーズで魔のルーンがきたらほぼリミットです。

 

では…

バレル
これより!超ギミック解説を始める!

 

 

極ティターニア討滅戦 超ギミック解説フェーズ

前半フェーズの超ギミック解説

ブライトサバト

フィールド全体にそこそこのダメージ。
開幕は特に驚異にはなりませんね。しっかり回復しておきましょう。

 

幻のルーン

幻のルーンは前半フェーズ中だと決まったパターンで構成されています。
ブライトサバト後は必ず外周安地になります。

外周安地パターンはティターニアが一瞬むらさきというかピンクに光り、その後青い粒子を纏います。
(画像ではオーラと表記しています)

また、予兆の発生が詠唱完了の間近になってようやく表示されます。
逃げ遅れの原因にもなるので詠唱バーと外観ですぐ判断しましょう!

ココがポイント

後半フェーズで咄嗟に動けるように、前半フェーズでは色の具合をしっかり確認しておきましょう。

水のルーン

ボス周囲に十字で4つ、四隅に4つの合計8個が出現します。
水場の円周上にカウントをしめす玉が出現、これが満タンになると踏めていない水場からモンスターが湧きます。
誰かが戦闘不能になっていたりすると全てを踏めないので、水のルーンがくるタイミングを覚えておきましょう。後半にも登場します。

また、カウントがいっぱいになった時に水の上にいればいいので、満タンになるまでは自由です。
方向指定をとってもOKですが、踏み忘れないようにしましょうw

火のルーン

火のルーンはヒーラーに1つずつ頭割りマーカーがつきます。
画像では3時9時(東西)に4人ずつのグループを作って受けています。
タンク1、ヒーラー1,DPS2を作り、直前に出た水のルーンで残っている水場で受けます。

ココがポイント

STナイトはこの火のルーン1発目が着弾する前にランパートを使っておきます。
このあとすぐに来る「魔のルーン」にあわせてインターベンションを待機。

魔のルーン

魔のルーンは火のルーン後すぐに来ます。
実はめちゃくちゃ広い範囲なので火のルーンを受けたらすぐMTは12時へ向かいましょう。

結構痛いので軽減必須。

ブランブルチェーン

ブランブルチェーンの詠唱が見えたらボスの足元に集まり「茨の蔓」デバフがついたら、結ばれた同士が対角線上に角に向かって走ります。
結ばれるのはタンクxDPS、ヒラxDPSの組み合わせ。

なのでタンクとヒーラーが固まって同じ方面に、DPS陣はそれと真逆に走るのがベスト。

幻のルーン

 

ミッドサマー・ナイトドリーム

ダメージなし。背景が城から森へ。
これ以降は外周の柵がなくなり、落下します。
もし落下しても蘇生できます。

ビリビリ雷(ライトニングボルト)

日本ではビリビリ雷で親しまれています(?)がRedditではライトニングボルトと記載してありました。

バレル
かっこいい…使お!(単純)

 

壊滅しやすいポイントでもあります。

1人に線つきマーカーが付与されるので、あらかじめ決めておいた順番で線をとります。
線の対象に雷の耐性ダウンの小範囲ダメージがあり、耐性ダウン状態で雷を受けると即死します。

インビンやボーライドで耐える術もあります。PTで要相談。

線はキャラ同士重なるようにして移るのではなく、ボスと対象者の間を突っ切る形でとります。

バレル
手刀しながら間を抜けていく感じ。

受け取ってもらったら安定をとってやや大回りぎみに帰ってきましょう。
ここで最短ルートを通ったりすると線を再取得してしまい、事故に繋がります。(めっっちゃあるある)

妖精光

無敵スキルを使ってもよし、タンク二人でうけてもよし。
ナイトMTならインビンでうけたほうが楽です。

ただ、詠唱が終わってからダメージが発生するまでメッッチャ長いので効果時間が短いバフは切れることもあります。
詠唱完了ギリギリでキャストしましょう。

根のルーン+ブランブルチェーン

画像内赤矢印で示した部分に根が湧き、6方向に伸びていきます。
湧くのは四隅のうち2箇所で、必ず対角上に出現します。

背景が変わる前「チェーンは斜めに切りましょう」と言っていたのは、ここでその動きが役に立つからなんです。

 

パターン化してしまえば事故も減るのでおすすめ。

魔のルーン

根が消えてから5秒程度?経ったら魔のルーンがきます。
このときMTは外周に位置取り、ティターニアを外に向けておきましょう。

STはMTへ軽減バフを使ってあげてください。
STナイトはインターベンションの使い所ですよ!

氷のルーン

氷のルーン配置

中央からスタートし、次に出る氷の位置と回転方向を確認します。
下記画像の場合は表の通りですが、時計回りか反時計回りかはランダム。

 

どうしても避けられない!という方は、中央に出た円のフチを凝視しておくとGOOD。
フチが消えたらすぐ真ん中へ向かいましょう。

ポイント

確実に避けるには、魔のルーンのあとティターニアごと真ん中に持っていきましょう。
そうすれば逃げ遅れにくく、見づらさも少しは軽減される気がします。
風の噂では、氷のルーン発生前に中央へ持っていってくれるMTはモテポイントが高いらしい。

 

隆起

8人全員に小範囲ダメージ。
氷のルーンで集まりながら移動した直後に来るので、落ち着いて散開します。

幻のルーン

足元安地確定。
後半フェーズに備え幻のルーン(足元安地)の色の具合を覚えておきましょう。

ココがポイント

「足元安地の場合は緑の風を纏う」で覚えておく。

この幻のルーン以降、足元安地か外周安地かはランダムです。

 

雑魚フェーズの超ギミック解説

雑魚フェーズ1は少し省略します。
大きくなったなぁ…の雑魚フェーズ2はタイムラインで解説します。

リーフストーム

トレント型の雑魚「マスタードシード」による、ランダムターゲットを対象に中範囲ダメージ。
同時に上風、ピーズボムも来ますが、うまく避けましょう。

上風

画像はひとつ上を参照してください。

MTがターゲットをもつ「パック」が使用する直線型範囲ダメージ。
リーフストーム、ピーズボムと同時にくる。
範囲自体はそこまで広くないので落ち着いて避けます。

ピーズボム

画像はふたつ上を参照してください。

西でSTがもつ「ピーズブロッサム」が使用します。
タンク以外の6人のうち4人にマーカーがつく小範囲ダメージ。
リーフストーム、上風と同時にくるので、重ならないように注意しましょう。

殴打

 

MTがもつ「パック」が繰り出す大ダメージ技です。
殴打には「打耐性ダウン」のデバフがつくのでだんだん痛くなってきます。

1回目もそこそこ痛いですが、2回目にくる殴打のためバフは組み合わせずに単体で使ってもOK。

火力の強いPTだと2回目の殴打前に倒せます。

ハードスワイプ

STがもつ「ピーズボム」が使用する大ダメージ技です。
殴打と違い耐性ダウンは付与されませんが、耐性がダウンしてなくても十分痛い…。

シェルトロン+リプライザルでOK
(魔のルーンが来る前に使ったランパートはぎりぎり上がる)

 

 

まったく軽減できなかった場合(左)

56124ダメージ+他攻撃で11388
トータル67512ダメージ。痛い。

ランパート+シェルトロン+ディバインベニゾン+リプライザルで軽減(右)

19502 と なんかダメージ 仮に11388だとしても 合計で30890。半分以下!

 

ティターニアの魔力が40ぐらいになると2発目のハードスワイプが着弾する頃なので、なるべく早く倒しましょう。
ナイトならとりあえずシェルトロンは貼りましょう。

ラブ・イン・アイドルネス

この詠唱中はティターニアの魔力は増加しません。
魔力がここで40ぐらいなら、次の3体を倒しきった時は魔力90ぐらいで終わることができました。
100になるとDPS不足で全員即死


 

リーフストーム

超ビッグになって帰ってきたリーフストーム。
MTはフィールドギリギリの北側、やや西サイドまで逃げておくと、同時にくるメチャメチャでかい「ピーズボム」を避けやすくなります。

当たったことないので不明ですが、当たったらもしかして落ちる?

ピーズボム

タンクはマップ北方向、ボスの足元ぐらいまで寄っておくとエリアに余裕ができるのでオススメです。

 

パック・ブレス

ピーズボム後すぐに頭割り攻撃「パック・ブレス」。
MTも歩いて参加しています。

画像はSTも入ってますが無理はしなくてもOK。

ナイトはレクイエスホーリーでDPSを落とさないようにする。

ウィスパリング・ウィンド

マスタードシードの残りHPとは関係なく、時間によって決められているようですね。

これがきたら次は超壊滅ポイントです。
練習PTでは100%といっても過言ではないほど、ここで詰まってしまいます。
必ず確認しておきましょう!

ウィスパリング・ウィンドの後、蔓とブランブルチェーンが出現します。

まずは蔓の頭がどちら向きにあるか確認します。

前半でもチェーンを対角線上に逃げて切りましょう。と言いました。
実はここでも役に立ちます。

セフィロトパンチの予兆(中央の青い円)に触れないよう、ギリギリに立っておきます。

さっき確認した蔓の頭が向いていない対角に吹き飛ばされるように位置を調整したら、吹き飛ばされるのを待ちましょう。

 

時計でいう0時、3時、6時、9時ぐらいの位置で受けるとたいてい落ちます。
必ず斜めに吹き飛ばされましょう。

パック・レビューク

パンチの衝撃で吹き飛ばされたら、そのままチェーンを切りにいきます。
もう少しだけフィールドに余裕があるのでギリギリまで歩きましょう。

吹き飛ばしと同タイミングでリーフストームの詠唱が始まりますが、発生まではいくらか猶予があります。

 

バレル
ここを越えたらもう勝ち同然ですよ。

リーフストーム

パック・レビュークで吹き飛んだとき、北側にいるタンクヒーラーは視点が極悪になります。
ぐるぐる視点を回すのと、できればカメラを地面に近づけるような位置にすればOK。

カメラに敵が映らず、範囲だけがバリバリ見えるような視点だと完璧。

ピーズボム

ピーズボムは2人を対象にやや広めの範囲ダメージになりました。
頭割りで近づきたいのにピーズボムが邪魔・・・!なんてシーンも多々あります。

ボムに選ばれたのが近接ならボス真横遠隔ならさらに離れましょう

バレル
画像のナイトさんはもっとボスの足元に行くべきでした(すみません)

パック・ブレス

どこで受けてもいいっちゃいいんですが、足元集合よ~~!と打ち合わせておけば尚良し。

パック・カプリース

フィールド全体範囲攻撃ですが、そこまで痛くないので割愛。

 

死すべき定め

さて、山場は越えました。
履行技発動までにHPをもどておきましょう。

前半フェーズはここまでです。

後半フェーズの超ギミック解説

ブライトサバトは最後のみ紹介します。
ある程度タイムライン通りに並べていますが、全く同じギミックで解説する場所がない所は省いています。

水のルーン

水のルーンと同時に幻のルーンがきます。
詠唱の順番は水→幻ですが、ギミック処理の順番は幻→水。

幻のルーン

幻のルーンはこの後半フェーズから安地がランダムになります。
今回は外周側が安地だったので、範囲が消えたら水場に入ります。

火のルーン

詠唱順は火→根ですが
さきほどと同様で、ギミック処理の順番は根→火になるので注意してください。

根のルーン

根のルーンが0時12時に出現した場合は、前半フェーズと変わらず同じ場所で受けましょう。
画像のように、北を0時として3時9時に根が出現した場合は水場を変更しなければなりません。

安全な水場は根の進行方向上にない0時12時です。

バレル
赤矢印で示した方向に伸びていくので、安地は紫マルの場所。

幻のルーン

ここまで来たら特に説明は不要だと思いますが、ここの幻はランダムです。
水場が残っているうちにキャストされるので、H1H2D3D4はティターニアに近寄っておきましょう。

ブライトサバト

後半フェーズでは単体に大ダメージ技はかなり少なくなってきます。
あったとしても最後の魔のルーン、ダメージシェアで受ける妖精光ぐらいですね。

なのでブライトサバトにあわせてリプライザルを使ってもいいんじゃないかなと思います。
もちろん、上記大ダメージ技にあわせる用のリプライザルはおいておくべきですが、タンクで相談(もしくは空気感?w)でいれていきましょう。

 

妖精光

妖精光2回目。前半でインビンを使って受けていた場合、ここでは返ってきません。
ホルム、リビングデッド、ボーライドは多分返ってきていますね。
ホルム受けの場合は使用タイミングに気をつけてください。(発生がめちゃ遅い)

戦士の場合(参考程度に)

戦士のLvを上げていないので憶測ですが、ホルムで1人受けする場合、1発目をバリアとST補助バフ、リプライザルで軽減しておかないと死んでしまうかもしれません。
1発目さえ受けきってしまえば、2発目直前にホルムで3発目までカバーできるはずです。

バレル
かなりシビアかもしれませんので、戦士MTの場合は無難に二人受けのほうが安定しそう。

ちなみに、めっちゃ軽減を頑張れば1発目はダメージ0、2と3発目は20000程度しか受けません。(二人受け時)

氷のルーン

後半に来る氷のルーンは中央スタートで迎えられるので割と楽に避けられます。
前半にあったように、中央に出たフチをよく見ておきましょう。

隆起

氷のルーン後は必ずこれもセット。
うまく散開すうコツとしては、H1H2D3D4がまず距離を取ります。
この間、なるべく近接は動きません。

すると4人が離れたのでボス周辺には4つしか範囲がない状態になります。
4つであれば水のルーンのように四方を囲む形で位置取ればOK!

ビリビリ雷

こちらも前半でやりましたが、クリアできていない段階ではこのギミックがくると結構焦ります。

落ち着いてティターニアの足元から少し距離を取りましょう。
もし誰も線を取りに来てくれない場合は、そのまま自分だけ犠牲になるほうが被害を抑えられる場合もありますw

そんな時はSTの出番。
無敵技込で最大3回受けられるので、あと何回着弾するのかをきちんと把握した上で行いましょう!

バレル
STはこういう時とっさに動けるとめちゃくちゃモテます。

ブライトサバト(時間切れ)

後半フェーズ、魔のルーンが来たら時間切れまでもういっぱいいっぱいです。

タイムラインで見ると、上記のビリビリ雷から最後のブライトサバトまでは7つのギミック。

ビリビリ雷
根のルーン
ブランブルチェーン
幻のルーン
幻のルーン
ブライトサバト
魔のルーン
ブライトサバト
(時間切れ)

魔のルーンがキャストされてしまったら、実質あと5秒ぐらいしか残っていません。
ここで残り1%、削れて2%…

魔のルーンが見えてしまったらDPSはかなりキツイので、中盤以降で戦闘不能でDPSが落ちないようにしたり、ギミック込みのスキル回しを意識してみましょう。

それでもキツい場合は、装備の更新(魔典交換、マテリア装着など)も視野に入れてみてください。

 

  • この記事を書いた人

BARREL

ゲームとパソコンとバイクが趣味な、PCゲーム歴15年のヘビーゲーマーです。好きなゲームはアクション系、Co-oP系。FinalFantasy14やMonsterHunterWorldなど、オンラインゲームが結構好きです。最近ではゲーム攻略の他にゲーミングデバイスなどのハードウェア系・ガジェット系をレビューしながら、よりよい環境を求めて奔走中です。企業様のPRも積極的に行いたいと思っています。ご依頼はお問い合わせフォームよりお願い申し上げます。

-FF14
-

Copyright© BCゲームガレージ , 2019 All Rights Reserved.